TOP » Apache HTTP Server で Web サーバー構築 » Apache HTTP Server 2.0 » Apache HTTP Server 2.0 の設定

Apache HTTP Server 2.0 の設定

Apache をインストールするとデフォルトの設定ファイル httpd.conf が作成されます。
Apache の設定はこの httpd.conf ファイルを使って行います。
ここでは Apache を起動するための最低限の設定を行います。

Apache の基本的な設定

Apache の設定は /usr/local/httpd/conf/httpd.conf を使って行います。
設定ファイルを編集して ServerAdmin ディレクティブと ServerName ディレクティブの設定を行います。

# vi /usr/local/httpd/conf/httpd.conf
278 行目辺り
# ServerAdmin: Your address, where problems with the server should be
# e-mailed.  This address appears on some server-generated pages, such
# as error documents.  e.g.

# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
# If this is not set to valid DNS name for your host, server-generated
# redirections will not work.  See also the UseCanonicalName directive.
# If your host doesn’t have a registered DNS name, enter its IP address here.
# You will have to access it by its address anyway, and this will make
# redirections work in a sensible way.


httpd.conf の書式チェック

apachectl 制御スクリプト を使って Apache の設定ファイル httpd.conf の書式チェックを行うことができます。

# /usr/local/httpd/bin/apachectl configtest

Syntax OK
Fedora のインストール
OpenSSH で SSH サーバー構築
NTP で時刻情報サーバー構築
Apache HTTP Server で Web サーバー構築
MySQL でデーターベースサーバー構築
PostgreSQL でデーターベースサーバー構築
PHP で Web アプリケーションサーバー構築
qmail でメールサーバー構築
Samba でファイルサーバー構築
BIND でネームサーバー構築
Tomcat で Web アプリケーションサーバー構築
ProFTPD で FTP サーバー構築
CMS でサイト構築
snort でネットワーク進入探知システム構築